業者にネズミ駆除をお願いすると何をしてくれますか

業者にネズミ駆除をお願いすると、ネズミのタイプと出没場所により手法を変えて駆除を行ってくれます。

例えば天井裏にネズミが出没した際は、大量に音が響いた際はハツカネズミによる犯行と言えます。

業者は天井裏に上り、あちこちに粘着シート型の罠を設置します。


設置した後、ネズミを誘い込む餌をシートの中央付近に置きます。

そして、1週間も経過すると、周囲の罠に沢山のネズミがかかっています。



罠は業者に頼めば持っていってくれますが、個人で処分する時はネズミ駆除用の罠を折り畳んで市が指定するゴミ袋に入れて完了です。

ネズミがビニールハウスの内部を荒らし回る際は、外から穴を掘って侵入してきたと想定されます。業者はその掘られた地面を探して、見つけた時はその穴の周囲に粘着型シートの罠を置きます。
罠の上にはチーズの破片を置いて、ネズミを誘いやすくします。夜間に活動しているネズミなので、数日ほどで罠にかかることが多いです。


倉庫内で暗躍するネズミは、大量に発生している場合がほとんどなので、ネズミ駆除用の餌を使います。

餌の置き場所は倉庫の扉の下辺りで、チーズの切れ端と一緒に置いて普通の餌と見間違うようにします。



早ければ数日、遅くても1週間以内に効果が現れます。床に倒れて動かなくなったネズミは、業者にお願いして処理してもらいましょう。



結構数がいたと思われるので、庭にもネズミが倒れている可能性が高いです。

また、依頼主がペットを飼っていた際は、危険なので餌を使った罠は使いません。