出稼ぎ先として期間工の求人に応募すること

期間工の求人は、その企業の業績が好調な場合に募集されることが多く、増産体制に入るためにその一定期間に人材を投入して対応しようとします。
そのために基本的にはその期間に仕事をしていない人が応募することになりますが、企業の中には業績の好調を背景に、期間工として求人募集したものの、その人の働き具合を評価して契約社員または正社員として通期雇用を考える場合もあり、そのため求人欄に社員登用の可能性あり等といった記載があるところも多いです。基本的にその期間が空いている人ということは、例えば農業従事者のような冬場が出稼ぎに出るような人が応募したり、また雇用の不透明感もあり就職できない若者や中高年がとりあえず職に就くために応募するというケースが多いです。



しかし期間工として働くにしても、その多くは工場のライン作業になることが多く、同じ体勢で同じ作業の繰り返しの単純作業でありながら、思い荷物を上げ下げしたり、厳しい体勢と継続する等といった体力を要する作業になることも多いです。

そのため採用のための説明会においてはそのような点は説明し、また面接でも体力重視で採用することが多いです。

今、話題の便利な教えてgooの安心情報、今すぐ確認してみましょう。

また、長期的な視野で、契約社員登用等のことを考えて比較的若い人をターゲットに考えているところも多く、そのような人に将来的に中心になって作業をしてもらうことまで考えて採用している場合もあります。



ただ、このような期間工の採用は定期的におこなわれていることが多いので、毎年のように応募して出稼ぎ先として働いている人も多いです。



Copyright (C) 2015 出稼ぎ先として期間工の求人に応募すること All Rights Reserved.